2007年7月23日月曜日

牧羊犬、空を飛ぶ


先週一週間、カリフォルニアとネバダ州境に位置するレイク・タホへ行ってきた。行き帰り共、義父に送ってもらったので少し時間はかかったけれど、楽しい空の旅になった。普段はるっぺは、車で移動しても昼寝の時間でなければ眠らない。しかし小型飛行機だと離陸後すぐに目がトローンとなって、やがてまるで催眠術にかかったみたいに「ガクッ」と寝てしまう。普段娘の寝顔を見る事がないので、だんなも私もはるっぺの朝潮のような顔を見てはニタニタしていた。


タホ滞在中はサイクリングをしたり、ケーブルカーで山頂まで行ったり、のんびりした時間をすごした。幸いスイートルームだったので、はるっぺと別々の部屋で眠れたのもよかった。私はやはり夜は子供と別に、きっちり睡眠を取りたいほうだ。

はるっぺの一番のお気に入りはプールだった。と言っても泳ぐのではなく、プールに出たり入ったりを際限なく繰り返すのがたまらないようだった。彼女らしい、と思った。お誕生を過ぎてくらいから、だんだんはるっぺの気性が分かるようになってきたんだけど(ちょっと遅い?)、とにかく忙しくしているのがいいみたいだ。目的達成型というか、常に何かをやり遂げようとしている感じなのだ。このくらいの月齢だと皆そうなのかなと思いきや、周りの子はママのお膝に座って一緒に絵本を見たり、積み木で遊んだりしている。はるっぺは本を箱から出し戻ししたり、アクティブにしているほうが性に合っているらしく、その姿はまるで牧羊に使われる(らしい?)ボーダーコリー犬のようなのである。

この性質を活用し、弟の面倒を見てくれるよう訓練できないかと今からもくろむ、身勝手な母なのであった。

5 件のコメント:

San Diego Mom さんのコメント...

どうしているかな、と思っていたら、プライベートジェットで、レイクタホとは!よろしいですねぇ。私も、妊娠7ヶ月のとき行きましたが、とにかくずっと酸欠状態で、ほとんど歩けませんでした。。。

Noriko and Temesgen さんのコメント...

おじいちゃま、素敵ねー。プールでの親子写真もとっても幸せそうで、こっちまで嬉しくなっちゃったよ。

はるっぺ、ボーダーコリーならきっと弟の面倒をみてくれるはず!「一姫二太郎」の並びにはやっぱり意味があると思うもん。期待の星だよ!

残りの妊婦生活も親子3人プラスベイリーちゃんで、いい時を過ごしてねー。

Haru-mama さんのコメント...

酸欠にはならなかったなあ・・・象のようにでかいんだけど、なぜか体調はすこぶる良好なのよね。

徳子さんのご指摘どおり、本当に一姫二太郎ってちゃんと意味があるのよね(ってまだ太郎を産んでないけど)しっかり者のお姉ちゃんになってくれると思うわ。

karasina さんのコメント...

飛行機の送迎、凄いな~!!!
乗ってみたいな~。。。
家族旅行、のんびり楽しめたようだね~!
写真から滲み出てるよ~!!!

我が子達。。。
この世に生まれて来たときに、
助産婦さんが、長男の時は「この子、おとなしい子ね~!」次男は「うわ~この子元気ね~!!!手を焼きそうね~!」
とまあ、その通りの成長ぶり(^^;でして。。

生まれ持った性格って生まれたその日から
助産婦さんには分かるみたいね~。。。
凄いと思った。。。

Haru-mama さんのコメント...

Karasinaさん、お久しぶり!

え、うちの助産師さんの一言は、「うわ、頭がでかい!」だったけど・・・それはどう解釈すればいいのかしら。