2009年3月31日火曜日

はるっぺ アンコール劇場

(最近ヘッドセットがお気に入りの泰造)
(風邪でスケジュールが狂い、何と抱っこしていたら眠ってしまった)

泰造の風邪が今ひとつすっきり治らない。もう2週間も鼻をたらしているので、そろそろ治るかと思いきや、一昨日になって微熱がでた。その晩は夜中1時間半も断続的に泣き、しまいには「ドーン!」とものすごい音がしたのでびっくりして見に行くと、何とベビーベッドをよじ登って下りていたらしく、つぶれ饅頭のように床に突っ伏していた。
春奈は春奈で、最近夜中に目が覚めると不安になるようで、毎晩私たちの寝室の前まで来る。決してドアをノックしたり開けようとはしないが、テディベアとブランケットを抱っこして、ドアの外に立っているのだ。私はそのわずかな気配で目が覚めるのだが、「どうしたの?」と聞くと大抵「おなかが痛い」とか「お布団がかけられない」とか言い訳をする。
私は末っ子なので夜泣きで起こされたことはなかったが、小学校低学年の頃になっても、しょっちゅう夜中に親の寝室まで行っていた記憶がある。そういう時はだいたい父親が部屋まで連れて行ってくれて、子守唄を歌ってくれてトントンしてくれた。子供心に「パパに悪いなあ」と思い、眠ったふりをすると父親が出て行って、そうすると自分も安心して眠れたものだ。今から思えば、通勤地獄と激務に追われる日々で相当疲れていただろうに、一度も嫌な顔をされた事はなかった。
こういうのって、普通にある事なのだろうか?それとも私に似たのだろうか?
いずれにしよ、ただ泣き喚くよりも、自分でベッドから下りて起こしに来てくれる方がどれだけありがたい事か。泰造も早くそのくらいに成長してほしいものである。

2009年3月28日土曜日

はるが来た







はるが来た はるが来た どこに来た




山に来た 里に来た サンディエゴにも来た








軽い花粉症(?)と、なかなか風邪が直らず機嫌の悪い泰造のお世話が少し大変ではあるが、やはり春はよい。




さて、今日のおすすめユーチューブクリップはこちら:








私はジャンルにこだわらず好きな音楽を聞くが、やはり一番好きなのは70年代のアメリカのロックのような気がする。




ちなみに、私の高校時代に最も好きだったアルバムは、イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」とボズ・スキャッグスの「シルク・ディグリース」であるが、いずれも70年代の作品である。




長兄が中学に入った頃から洋楽ばかり聴いていたせいか、次兄も私も小学校高学年から洋楽に目覚めていた。次兄は高校時代、目覚まし代わりにメタリカの「マスター・オブ・パペット(サンプルはこちら:http://www.youtube.com/watch?v=x5sXk5tHbqA)」を朝7時にかけていたくらいだから、今振り返ると、やや変わった家族だったのかもしれない。




とはいえ、しっかり「ベストテン」などで歌謡曲も聴いていたから、こんな人たちもしっかり記憶に残っているのだが・・・・。



ココナッツ・ボーイズ・・・・

グーグルで検索するのに、タイプするだけで恥ずかしかった。同じココナツだったら、チャゲと石川優子の「ふたりのアイランド」くらいにとどめておきたかった。

しかも再結成したんだってね。

がんばらなくていいぞ、ココナッツ・ボーイズ!!

2009年3月21日土曜日

結果発表


結論から言うと・・・よいのではないだろうか。
へナのはなしである。
オレンジジュースと混ぜて一日置く手間とか、独特のにおいがあるとか、染め時間が長いとか、デメリットはある。しかし「白髪を隠さず、透明感のある色に染めることにより目立たなくさせる」という目的は達成できた。
地毛もマニキュアのように赤っぽくはなるが、私の髪はもともと少しだけ赤っぽかったので(日光のせいか?)赤さはあまり気にならない。
今回はへナを250グラム使用したが、これで約15ドルである。日本製のヘアカラーを日系スーパーで買うのとあまり変わらない。
ちなみに、白髪を完全に隠したい(=黒く染めたい)人はインディゴという染料を混ぜるときれいに染まるらしい。インディゴとは、もともとジーンズを染める染料らしいが、あれとへナを混ぜるといい感じにできるようである。下記のサイトではブロンドの人が真っ黒に染めるという荒技をやっていた。
ちなみにへナはネットで購入した。英語が苦手な人はとっつきにくいと思うが、リンクはこちら:http://www.hennaforhair.com/ 派手さはないが、とにかく真面目にへナについて説明されているサイトである。興味のある方はのぞいてみてはいかがだろうか。

2009年3月20日金曜日

白髪対策

37になり、二人の子持ちになり、だんだん白髪が増えてきた。
ずっと前から、年を取ったら自然に白髪になっていきたいと思っていたが、実際に増えてくると、どうも汚らしい。白人や黒人の人は髪が細いせいか、白髪がきれいだ。義妹も白髪が目立ちだしたが、ダークブラウンの髪にきれいに混じっている。アジア人の白髪というのは、太いしうねっている。特に私みたいに髪を長くしていると、その太さとうねりが余計に目立ち、非常に見苦しい。
しかし白髪を染めるのは嫌なのである。私は別に若く見られたいわけではない。ただ「見苦しさ」を軽減させたいだけなのだ。
いろいろリサーチした結果、「へナ」を試してみることになった。どうも白髪をヘアマニキュアのように透明な赤に染めてくれるらしい。
青汁の粉末のようなものにオレンジジュースを混ぜ、ペーストを作る。これを一日置き、それから髪に塗ったくる。そして待つこと2-6時間。
固めの泥のようなものなので液だれもなく、こうして待ち時間にブログをアップしたりできるのでよい。ついてきた説明書には「待っている間、疲れている人は枕にタオルを引いて昼寝しましょう!」とか書いてあったが・・・・さすがにこのまま寝るのは無謀というものである。
(へナにオレンジジュースを混ぜたもの)
(サランラップで汚れ防止)
結果は、乞うご期待。

2009年3月18日水曜日

古い写真たち

(義姉・2歳の頃)
(うちのだんな・新生児)

(泰造、やはりパパ似だな)
退職してからおよそ一年になる義父が、古いスライドをアップロードしはじめた。
だんなのお母さんはもう15年以上前に亡くなり、わりとすぐ再婚したこともあるせいか、今まで古い写真は屋根裏においてあったという。だから私も昨日届いたこの写真を見るまで、だんなの赤ちゃんの頃の写真というのを見たことがなかった。
現在の奥さんへの気使いとか、感傷的になるのが嫌だからとか、いろいろ理由はあったのだろうが、70歳になった今、自分の軌跡をたどるというのは非常に大切なのかもしれない。
一時、日本でもリタイアされた方々の間で自分史を綴るというのが流行っていた記憶があるが、今はどうなのだろう。
義父がリタイアする以前「仕事辞めたら何しようかなあ」と言ったので、じゃあ自分史書いてよ、と言うと「何でそんなもん読みたいの?」と言われた。
大体の人は、自分の人生なんか伝記を書くほど大それたモンじゃないし、と謙遜するのだろうか。でも私は読みたい。実父にも何気に頼んだことはあるが、まだ「うん」と言わせていない。時間はあるはずだ、ボケ防止にもなるはずだ。強制的にでもやらせるべきである。
義父のスライドの話にもどるが、だんなの赤ちゃんの時の写真を見てびっくりした。そこには鼻の高い泰造が写っていたからだ。ちょっと写真が小さいので、携帯でご覧の方には分かりづらいかもしれない。
泰造に似ているとなると、少しだんながかわいく思えてきたけど・・・・あれ?それって逆じゃない?

2009年3月15日日曜日

3月前半の報告

video video

今月に入って、まだ更新していなかったのか。

なんだか、だんだん怠け者になっていく気がする。夜、子供を寝かしてから家事を済ませたりシャワーを浴びるとあっという間に10時。それから寝るまでの1時間はPCやテレビの前に座ってひたすらボーっとしている。もう何ヶ月も本を読んでいないだろう。

先週からサマータイムが始まったので、夕方は6時半くらいまで明るくなった。しかし逆に朝は6時半くらいにならないと明るくならないので、今までのように、早起きしたから子供が起きる前に犬の散歩を、という時間の有効利用ができず、どっちがいーんだか微妙なところだ。

デジカメがなおった。携帯も新しいのを買った。ノキアの一番安いやつで、とにかく使い勝手が悪い。留守電を聞くのにも一苦労である。

それから、泰造と私が結膜炎にかかった。あっという間に直ったが、泰造は目やにだけだったのに私は人相が変わるくらい目が腫れた。

今月のニュースといえば、そんなところだろうか。

あ、あと一ヶ月で今の車のリースが切れるので、そのまま買い取るか、別の車を買うかで悩んでいるところだ。今夏からの保育園費などを考えると節約せざるをえないので、いろいろリサーチしているが、安ければそれだけ不安材料も多く、頭を悩ませている。

なんてことない日々がただ続いているように思えるが、おそらくうちの子供たち、今が一番かわいい時期なのだろう。面倒に感じることも多々あるが、今しかない時間を大切にしたいものである。