2010年10月31日日曜日

そして当日。

1日空いての更新です。

昨日の夜、お友達のおうちへ晩御飯へ招待されたのですが、春奈も泰造もテンションが上がりすぎて全く言うことを聞かず、家について私にこっぴどく注意されました。

そんな訳で、今朝は親子共にあまり盛り上がらず、テレビをみせたりして私は適当にサボっていました。




昼間は、近所の小さいモールでやっていたトリック・オア・トリーティングに行きました。これにはだんなもついてきて、それから春奈のお友達にもばったり会ったので子供たちも嬉しそうでした。




半強制的に昼寝をさせてから、待ちに待った本当のトリック・オア・トリーティング。

「本当の」と言うのはおかしいけれど、やっぱりうちの近所を回ると「これぞハロウィン」という感じがします。




土曜日だった去年のハロウィンよりも圧倒的に人が多かった気がします。





毎年来てくれる春奈のお友達と一緒に、近所の家をまわりました。




途中、近所の子達にも遭遇。 






うちの隣の通りがいつもかなり盛り上がっているので、結局毎年そっちへ行ってパーティー気分を楽しみます。うちの通りももっと盛り上がってくれると楽しいんだけどな~。

でもやっぱり、一年のいろいろなイベントのなかで、ハロウィンが一番楽しいかも。来年はもうちょっと飾り付けに工夫をしよう。

キンダーガーテン

今更ながらの話題で恐縮ですが、今月始めにキンダーガーテン入学時期に関する州法が改正されましたね(詳しくはこちら)。

日本の小学校では、4月1日に満6歳の子供が1年生として入学するので分かりやすいのですが、カリフォルニアはなぜかカット・オフ(日本で言う4月1日)が12月になっています。つまり、秋に生まれた子供たちは4歳児のまま、9月にキンダーガーテンに入学するか、親が希望すれば一年遅らせて入学させる事になるのです。

新法ではこのカット・オフを9月にして(おそらく他州はもともと9月なのだと思います)、その分秋に生まれた子ども達のために、トランジショナル・キンダーガーテンという学級を設けるそうで、
11月生まれの泰造は、2年後にこのトランジショナル・キンダーに入学する事になりそうです。

ちなみに2012年から3年かけてカットオフを変えていき、2012年は11月2日、2013年は10月、2014年から9月にするようです。また、秋に生まれた子でも、親が希望すればケース・バイ・ケースで早くキンダーに入学(つまり4歳の時点で)する事も可能だそうです。

現行法の下では、泰造のようにマイペースな4歳の子が、6歳間近の子供たちと机を並べて勉強する事になる訳ですが、新法ではみな5歳になってからキンダー入学になるので、確かにそのほうがいいのかもしれませんね。

2010年10月29日金曜日

話には長崎→話に花が咲き

私のPC,いつも阿呆な日本語変換をするので時間がかかって仕方がありません。


さて。


昨日に引き続き、今朝も春奈のプリスクールでハロウィン・パレード。今日は泰造もいたので、お下がりのコスチュームを着せてパレードに参加させました。





それから友達と会うため、ランチョ・サンディエゴまで車で走ること30分。私が9年前サンディエゴに来た時初めて住んだ町です。

ウォーター・パークがあるのを知らなかったので、パンツ一丁で遊ばせました。




このお友達とは以前同じ病院で勤めていたのですが、お互い今はいわゆる専業主婦。2年ぶりに会ったので話に花が咲き、気づいたら春奈のお迎えの時間。




お迎えの後うちへ寄って着替えてから、近所のショッピング・モールのトリック・オア・トリーティングへ。



毎年恒例のライブバンドもいたり、大盛況でした。




モールにあるお店一軒一軒立ち寄りお菓子をもらいます。





疲れてしばし休憩の泰造。いつもどこかがおっさんくさい。





何となく思いつきで作ったルチャ・リブレのコスチュームですが、かなりウケていたので作りがいがありました。マスクも帰り際まで外したがらなかったので、いろいろなところで「ルチャ・リブレ!」と言って指を指されたり、笑われたり、写真を撮られたりしていました。


 
やはりメキシコのレスラーだけあって、メキシコ系の人達には特に受けがよかったです。


 
video video


日曜日のハロウィンには涼しくてこの格好では出られないので、今日お披露目できてよかったです。

2010年10月28日木曜日

ハロウィンの役割

それは、もうすぐサマータイムが終わり、5時過ぎには暗くなる日々がすぐそこまで来ている現実を忘れさせてくれる事だと思います。

暗くて寒いの、いやだなぁ。

とか言いつつ、今日は28度(もっとかな?)くらいあったのです。明日も暖かめらしいですよ。

今日は春奈のプリスクールでハロウィン・パレード。まずは毎朝恒例、15分のお歌の時間から。

やはりいつもより保護者が多く、父母参観みたいです。




パレードと言っても、動物園にいるシロクマのように、狭い庭をひたすら20分間グルグル回り続けるだけなのですが、子供たちはそれなりに楽しいようです。




他のお子さんの写真を載せられないのが残念なのですが、みんな本当にかわいかったです。




今日トーリーパインズへハイキングへ行くつもりでしたが暑いので延期にしました。そこでプールへ行こうとYMCAへ行ったのですが、ゴーグルを忘れていたので結局泰造の誕生日の買い物などをして午前中を過ごしました。

勢いで、8ドルで売っていたハロウィン用のかつらも買ってしまったのですが、家へ帰り試着してみると、鏡の中には「年老いたIZAMみたいな人」が映っていました。

今はどこで何をやっているんだろう、IZAM。

泰造を迎えに行き、



夕方は久しぶりに裏の公園へ行きました。







明日、「年老いたIZAM」は黒髪のティンカーベルとルチャリブレと共に、近所のショッピングセンターで行うトリック・オア・トリーティングに行く予定です。

2010年10月27日水曜日

ハロウィン・モード突入!

お蔭様で春奈の熱は嘘のように下がり、昨夜も今朝も薬いらず。そんな訳で予定通り義父母とパンプキン・パッチへ出かけていきました。

「どうせ泰造は小さいから連れて行かなくても分からないでしょ?」と義母に押し切られて(?)しまったのですが、もうすぐ3歳、そんな訳はありません。床にひっくり返って「お兄ちゃん(自分の事)も行きた~い!」と号泣。

ママがパンプキン・パッチに連れて行ってあげるから、と言ってもイヤイヤ言っていたのに、「じゃぁ〇〇ちゃんちに行く?」と言ったら、

「行く!」と一気に機嫌がなおりました。友達の威力ってすごい。

そんな訳でデルマーに住む美人姉妹のお宅へ行きました。



女の子二人、やっぱりかわいいな~。 本物の妖精みたい。

帰りは車まで見送りに来てくれました。



帰ってみると、上空の風が強いのか、羽根のかたちをした雲がたくさん。



2時ごろ帰ってきた春奈と共に、うちのかぼちゃ達を彫ってジャック・オランタンにしました。



延ばし延ばしにしていたハロウィンのデコレーションもしたので結局6時くらいまでずっとここで遊んでいました。



じゃじゃーん!(泰造のお友達がよく言うので、私にまで移ってしまった。じゃじゃーん!)
結構がんばったと思ったけど、全然大した事ない・・・おかしいな。いちおうガイコツ3個とオバケ3個飾って、ジャック・オランタンは3つ作ったんだけど。何かしょぼいなぁ。

夕方はいつものように近所の子が集まってきて、みんなで遊びました。

とりあえず元気になってよかった。

こんな日に限って熱。

ここ2日くらい、どうも春奈の元気がないなと思っていたら、やはり昨日熱を出してしまいました。

今日は毎年恒例の、グランマ・グランパとパンプキン・パッチに行く予定なのに。しかも「この日しか連れて行けないから」と日にち指定されていたので、変更する訳にもいかず・・・。

とりあえず昨日の夜は大丈夫だったので、ちょっとだけ行かせて見ようと思います。

なぜか連れて行ってもらえるのは春奈だけで泰造はお留守番なので、ちょっとかわいそう。近場のパンプキン・パッチにでも私が連れて行ってやろうかな。

2010年10月25日月曜日

いい塩梅

今朝は雨降り。

いつも月曜日は公園に集まるのですが、今日はお友達のおうちで集まることになりました。




お友達のりりちゃんは泰造に比べて小柄なのですが、意地悪されてもめげずにやり返してくれるので、私としては気が楽です。いっぱいケンカして、一緒に大きくなれよ~。



りりちゃんのママがいちごの形をしたクッキーを作ってくれました。


うちに帰って泰造を昼寝させてから、夕方は春奈のお友達のお宅へお邪魔して、寝る時間ギリギリに帰宅しました。

そんな訳で今日は昼も夜もごちそうになったのですが、昼は春雨の炒め物、夜はトッポギ(?)という韓国料理をいただき、それはそれはおいしかったのです。

私も料理は嫌いではないのですが、あまり得意な方ではありません。だからいつもよそにお呼ばれされておいしいものを頂くと、「これどうやって作るの?」と聞いてくるのですが、なぜかうちでやっても同じようにいかない事が多いのです。

冷蔵庫にあるもので、さっと何か作れるような人になりたいなぁ。

2010年10月24日日曜日

謝る勇気

今日は日曜日。

昨日、一昨日と忙しかったし、子供がやや風邪気味なこともあり、今日はおうちでゆっくり。

昼過ぎまでうちで遊んだあと、コスコへお買い物。






昨日約束したプールへ行けなくなったため、アイスクリームをご馳走。昨日のわたあめと言い、最近甘いものが多いな~。


私が薬局へ行っている間20分くらい、だんなに子供をお願いしていったのですが、帰ってみると春奈が部屋で泣いていました。訳を聞くと、だんなが春奈の真似をしつこくするのが嫌だったので「パパなんか嫌い」と言ったらものすごく怒られて、私が帰ってくるまで部屋にいなさいと言われたそう。


ま、客観的に見ると大人気ないけど、こういう日もあるよね、と思い、子供達を連れて出かけたりしてお茶を濁しました。


そして夜。



いつものお祈りの時間に「今日は違ったお祈りをしよう。」と言うだんな。そして、


「いいかい?今日は決まったフレーズじゃなくて、自分が思った事を神様に話せばいいんだよ(確かにそういうフリースタイルのお祈りをする事も多々あるようです)。じゃあパパから始めるからね。」


ふむふむ、と思って私も部屋の隅っこで聞いていると、


「神様、今日僕は娘に対して怒ってしまいました。彼女が僕を許してくれるように、手助けをしてください。」


・・・・・・・・・・・・・・。






隣 に 本 人 い る か ら !



直接謝れば済む話ではないのかい?


もうおかしくて、とにかく笑いをこらえるのに必死でした。


ほら、プーチンも順番待てないんだってさ。

2010年10月23日土曜日

ベイツ・ナット・ファーム


今日はお友達と、バレーセンターにあるベイツ・ナット・ファームに行ってきました。名前のとおり、ナッツ農家という事で、かなり小規模なパンプキン・パッチを想像していたら大間違い。





確実に1500人は来ていたと思います。とにかくすごい人、人、人!





馬車にも乗りたかったのですが、とにかく何をやるにも行列に並ばなければならず、ディズニーランド状態(←苦手なので子連れで行った事はありませんが・・・)





わりと待ち時間の少なかったジャンボ滑り台で遊んだり、





30分くらい並んでポニーに乗ったりしました。






本来「パンプキン・パッチ」というと「かぼちゃ畑」という意味ですが、街中のパンプキン・パッチは大体テーブルの上にかぼちゃを置いて売っているだけですよね。田舎だし、農家だから本物のかぼちゃ畑があるに違いないと思い、母としてはそれを目当てに行ったのですが、







フツーにダンボールから出されて置いてありました。





私の友達の姪っ子とポーズ。







干草を積み上げた迷路で子供たちは走り回り、





・・・・・しばし行方不明。大人が4人もいてよかった。




帰りには、人生二度目のワタアメ。あまりの甘さに春奈はショックを受けていましたが、




完食の人もいました↓

途中渋滞もあり、結局帰ってきたのは夕方。


それでもまだ、遊ぶ遊ぶ。





いろいろあって、コスチューム・コンテストは出なかったのだけれど、子供はまったく気にしてないので、私も面倒くさくなくてよかったかも・・・。到着と同時に泰造がハチに刺されたり、まあ忙しかったけれど、充実した一日でした。今日もぐっすり寝ておくれ~。