2007年10月21日日曜日

自然の脅威


現在サンディエゴは山火事真っ只中である。4年前のカリフォルニアでの大規模な山火事を覚えている方もいると思うが、今年もちょうど同じくらいの時期に起こってしまった。今回もサンタアナという、砂漠(内陸)方面から吹く非常に高温で、しかも乾燥した強風が引き金となったらしい。ちなみに現在、我が家の屋内の気温25度、湿度が30%弱である。サンタアナになると、異常に暖かいのと、空気が乾燥してコンタクトがゴロゴロしたり、鼻の中が乾燥して痛くなるので、今日も朝から火事になければいいがと案じていたほどだ。

たまたま日中だんなのオフィスに物を届ける用事があったので外出し、帰りに高速道路を走っていると異様に厚い雲が内陸から海側へ流れているのが見えた。それで山火事だと直感したのだが、なにしろスケールが大きいので火事自体は全く見えない。ただうす煙の中を30分ほど運転してようやく帰路に着いた。

帰宅後早速ニュースを見ると,山火事はここから3,40キロ離れたところである。上の写真は我が家の2階から撮影したものだが、こんなに離れていてもうっすらと煙が見えるのがお分かりだろうか。煙で太陽がかげり、夕日のようにオレンジ色になるのも山火事の特徴だ。家の中も煙臭く、ベイリー(犬)も心なしか不安げである。

義父母が内陸方面に住んでおり、四年前の火事でも敷地前ギリギリまで火の手が迫った事もあるため心配して電話をしてみたが、とりあえず今のところ大丈夫という事で一安心した。義母が動物好きでニワトリ2羽、犬1匹、猫が4,5匹いるので万が一の時には動物も非難させなくてはならない。
今日の午後は公園は諦めて、室内で遊ばせるとするか・・・。外遊びが大好きなはるっぺ、これから夜までどうやって持たせようか悩んでいる。

4 件のコメント:

sumin さんのコメント...

写真拡大して見たけど結構ガスってるね30kmも離れてるとは思えない
いつも思うんだけど山火事ってもう少し早く消化できないのかな?ニュースで見る限りではすっごい広い火災現場にパシャーっと気休め程度の水しかかけてないような気がするんだけど..規模が大きすぎてそう感じるだけかしら?
ニワトリ2羽・犬1匹・猫4~5匹夢のような生活だわ羨ましい

karasina さんのコメント...

怖いね~(・_・;離れているとはいえ・・・

私は30キロ離れてても避難しちゃいそうです、
本当に怖い・・・(。>_<。)

地元消防団だったダーリン。。。
夜中の2時に山火事を消しに行ったそうです。。
真っ暗で怖かったと横で語っております・・

Haru-mama さんのコメント...

あまりに強風なので、ヘリコプターで消化剤撒いても、風に吹き上げられちゃうんだって。とにかくテレビで見ていても非現実なすケールの大きさだよ。

気温は30度、湿度は10パーセント前後、しかもエアコンなし、窓は開けられない(灰が降ってきてすごいので・・・)これが何日続くのやら・・・・。

Noriko and Temesgen さんのコメント...

きゃー、2-3日テレビを見なかった間にこんな事が!昨日ラモナ全域避難ってラジオで聞いたから心配になったけど、カーメル・バリーまでそうなの!!?!

ベイリーちゃんが泊まれるホテルとなると、どこかな。ヒルトンとモーテル8くらいしか頭に浮かばない(えらい格差だけど)。モーテル8は、グレートデンを飼ってる獣医の友達が愛用してるって言ってたから。

もう半年くらい雨が降ってないって聞いてたから心配してたけど・・・確か、アメリカはあまりにも広いので、山火事が起きた時点ではもう広範囲に広がってるし、それを消化剤で抑えようとするより、その周囲の木を切ったりして、火が飛ぶ要素を少なくするほうが得策だって聞いた。

とりあえず、遠くにいて何もできないけどみんなの無事を祈ってるよ。できればベイリーちゃんをうちに疎開させたいくらいよ!