2010年10月27日水曜日

ハロウィン・モード突入!

お蔭様で春奈の熱は嘘のように下がり、昨夜も今朝も薬いらず。そんな訳で予定通り義父母とパンプキン・パッチへ出かけていきました。

「どうせ泰造は小さいから連れて行かなくても分からないでしょ?」と義母に押し切られて(?)しまったのですが、もうすぐ3歳、そんな訳はありません。床にひっくり返って「お兄ちゃん(自分の事)も行きた~い!」と号泣。

ママがパンプキン・パッチに連れて行ってあげるから、と言ってもイヤイヤ言っていたのに、「じゃぁ〇〇ちゃんちに行く?」と言ったら、

「行く!」と一気に機嫌がなおりました。友達の威力ってすごい。

そんな訳でデルマーに住む美人姉妹のお宅へ行きました。



女の子二人、やっぱりかわいいな~。 本物の妖精みたい。

帰りは車まで見送りに来てくれました。



帰ってみると、上空の風が強いのか、羽根のかたちをした雲がたくさん。



2時ごろ帰ってきた春奈と共に、うちのかぼちゃ達を彫ってジャック・オランタンにしました。



延ばし延ばしにしていたハロウィンのデコレーションもしたので結局6時くらいまでずっとここで遊んでいました。



じゃじゃーん!(泰造のお友達がよく言うので、私にまで移ってしまった。じゃじゃーん!)
結構がんばったと思ったけど、全然大した事ない・・・おかしいな。いちおうガイコツ3個とオバケ3個飾って、ジャック・オランタンは3つ作ったんだけど。何かしょぼいなぁ。

夕方はいつものように近所の子が集まってきて、みんなで遊びました。

とりあえず元気になってよかった。

4 件のコメント:

San Diego Mom さんのコメント...

前にもちょっとドライな義母さん、と聞いたけど、やっぱりちょっと変っているよね。たとえ記憶に残らなくても、その瞬間、瞬間楽しんでいればいいんだとおもうんだけど。別に大金払って大旅行するわけじゃないんだから。かわいそうな泰ちゃん。もっとかわいそうなのは、その相手をしていたお母さん。(こういうことがかけるのも、日本語だからべんりねーーー)

Maho さんのコメント...

そうねぇ。たとえ2才でも、もう何でも理解してるよねぇ。分からないと思い込んでいるのは大人だけ。
一年くらい前から、うちも何でも説明するようにしています。以前は私が仕事で出かけるのを察知して号泣していたけど、説明するようになってからぴたっとおさまったの。泣いていたのは、何も言わずに、そっとでかけちゃっていたからみたい。私でもそんなことされたら、寂しく思うなぁ〜、と気づかされました。
子どもって、私たちが思うよりずっと大人ですね。
ところで、ハロウィーン・パーティーにこのあいだはじめて参加しました。100均応用編コスチューム、アップしましたよん(ひどい写真ですみません)。

San Diego Mom さんのコメント...

そんな、覚えていないだろうから連れて行かないって・・・・その瞬間、瞬間を楽しんでいればいいじゃないねぇ。例のドライなお義母さんね。やっぱり子供を持ったことないと、そこのあたりの子供の心理ってわからないのかな。

こちらも今日は理のパレード、賢人のパレード、パーティと東奔西走、早やぐったりですぅ。やっぱり若くなきゃ楽しめんわ、ハロウィン・・・・

ところで、最近チャゲアスがらみでインターネットでファン仲間交流をはじめているんだけれど、そのうちの一人の人が神奈川出身で、妹さんは今アメリカ人と結婚してベイエリアにすんでいて、その妹さんは昔座間キャンプの幼稚園で働いていたんですって。明子さんはいつごろ?やっぱり座間だっけ?

Haru-mama さんのコメント...

ドライというか春奈がお気に入りみたいだから、それは嬉しいんだけど泰造を含め、他の孫3人がちょっとかわいそうな気がするのよね・・・まぁ人の気持ちなんて、こちらの都合のよいように変えられるわけではないからしかたがないかな。

San Diego Momさん、私が働いていたのは横須賀だよ。座間の人とは接点がなかったかなぁ。